TOP> お酒の豆知識> リキュール> 分類

リキュールの分類

 

リキュールは、蒸留酒やワインなどに、砂糖などの甘味料、果実やハーブなどの植物成分、卵、クリームなどを加えた、いわゆる「混成酒」です。かなり甘いものが多く、様々な香りや色がついていてバラエティに富んでおいるので、リキュールには「液体の宝石」という異名もあります。ストレートで飲むほかに、カクテルなどに多く使われます。

リキュールは、香草・薬草系、果実系、ナッツ・種子系、その他の4種類に分類される。リキュールの元祖となるのは、薬でもあった香草・薬草系のリキュールである。近年では食品の加工技術の向上に伴い、従来の枠にははまらない特殊なタイプのリキュールも多く出現している。

 

果実系

オレンジやチェリー、カシスなどに代表されるフルーツ系のリキュール。リキュール本リアの薬用効果よりも香りや味わいに重点をおいている。カクテルや製菓などに欠かせない存在となっている。

果皮系

ホワイト・キュラソー、オレンジ・キュラソー、マンダリン、レモン

果肉系

チェリー、マラスキーノ、アプリコット、ペア、ピーチ、カシス、フランボワーズ、その他のベリー、アップル、メロン

フルーツ系

バナナ、パッションフルーツ、ココナッツ、ライチ、パイナップル、マンゴ、キウイ

その他

その他のフルーツ

     

薬草・香草系

ハーブやスパイスなどを中心とする薬草や香草は、最も重要なリキュールの副原料。この素材なしにリキュールは存在できないほどだ。中世、薬として飲まれていたリキュールは、ほとんどこの系統で、最も歴史がある。

薬草系

アブサン、シャルトリューズ、ヴェルヴェーヌ・ヴェレ、ベネディクティン、ストレガ、イエーガーマイスター

アニス系

リカール、パスティス、アニゼット、ウゾ

香草系

ドランブイ

ウイスキー系

ペパーミント・ジェット、クレーム・ド・メンテ

ビター系

スーズ、カンパリ

茶系

紅茶、緑茶、ウーロン茶ベースのもの

     

種子系

果実の種子、ナッツ類、コーヒー豆、カカオ豆などを原料にしたリキュール。いずれも濃厚な香味が特徴。食後に飲むのに適している。

核系

アマレット

ナッツ系

ヘーゼルナッツ、くるみ、その他のナッツ

種子系

カカオ、コーヒー

     

特殊系

原材料にいずれも分類しにくいリキュールを特殊リキュールとする。代表的なものにクリーム・リキュールがある。

クリーム系

クリーム、フルーツ・クリーム

その他

アドヴォガード

 

 

 

 

[POUSSE CAFE] HOME