TOP> お酒の豆知識> リキュール> 各国の定義

各国の定義

 

蒸留酒に果実や香草などの副材料と甘味料、着色料などを加えた酒。その他の細かい定義は地域によって大きく異なる。日本の酒税法では「酒類と糖類その他の物品(酒類を含む)を原料とした酒類で、エキス分が2%以上のもの(ただし、清酒、合成酒、焼酎、みりん、ビール、果実酒類、ウイスキー類、発泡酒類を除く)となっていて、ビン入りや缶入りのカクテルもリキュール類に属している。現在、日本で販売されているリキュールは、輸入品を含め500種類以上ある。

 

 

EU諸国

EU諸国では「糖分が1リットルあたり100グラム以上含まれているアルコール飲料」をリキュールとして定義しており、「糖分が1リットルあたり250グラム以上含まれるもの」については「クレーム・ド(creme de)」という呼称を使用してもよい、ということになっている(ただし、クレーム・ド・カシスについては1リットルあたりの糖分が400グラム以上でなければならない)。

さらにフランスでは定義が細かく規定されていて、「副材料(果実やハーブなど)をアルコール中に煎じ、浸透させ、もしくはその液体を蒸留させたもの、またはそれぞれを調合した液体であって、砂糖などで甘味が加えられ、アルコール分15%以上のもの」を「リキュール」としている。

 

 

アメリカ

アメリカ合衆国では「アルコール・ブランデー・ジンやその他スピリッツを用い、副材料(果実やハーブ、生薬や天然のフレーバー)を加えて製造され、砂糖を2.5%以上含むもの」を「リキュール」として定義している。また、アメリカ合衆国内で製造されたものをコーディアル(cordial)、合成したフレーバーを用いたものをアーティフィシャル(artificial)とそれぞれ表記することが求められている。

 

 

日本

日本には「リキュール」という定義は存在せず、日本の酒税法上において、「リキュール類」として定義されている。その定義は「酒類と糖類その他の物品(酒類を含む)を原料とした酒類でエキス分が2度以上のもの(清酒、合成焼酎、しょうちゅう、みりん、ビール、果実酒類、ウイスキー類、発泡酒、粉末酒を除く。)」というもので、一般的なリキュールだけでなく、近年日本の各メーカーが開発したチューハイやサワーなども含まれる。

 

 

 

 

[POUSSE CAFE] HOME