TOP> お酒の豆知識> ブランデーの歴史

ブランデーの歴史

 

7、8世紀ころより、スペインでワインを蒸留していたと言われる。15世紀には、フランスのアルマニャック地方やコニャック地方で生産が始まり、この地方のブランデーは現代では世界的に知られている。1713年にはルイ14世がフランスのブランデーを保護する法律を作った。それ以後、ヨーロッパ各国の宮廷に取り入れられ、「王侯の酒」の地位を得ていった。

ワイン王国でもあるフランスがブランデーの生産国として有名であるが、ワインの生産国はいずれもブランデーを生産している。なお、フランスでは「コニャック」、「アルマニャック」という名称の使用は1909年以降は法律で厳しく制限されている。それ以外のブランデーは、たとえフランス産であってもコニャックやアルマニャックとは名乗れないため、フレンチブランデーとしか名乗ることはできない。

主なブランドとしてはカミュ、レミーマルタン、ヘネシー、マーテル、オタールなどが有名である。日本国内で製造している主要企業としては、サントリーやニッカウヰスキーなどがある。

 

飲み方

飲み方として最も知られているのは、ストレートである。ブランデーグラス[3]に、室温のブランデーを少量入れて、香りとともに味わう。適度に温度が上がると香りが立つので、グラスの底を手のひらで包み込むようにして揺らし、手の体温で温めながら飲むのが一般的な飲み方である。

また、最初にごく少量のブランデーを注いでグラスの内側を薄く濡らすようにしてからマッチの火でアルコールを飛ばし、そこにあらためて少量のブランデーを注いで飲む方法があるが、これはあくまで目を楽しませる演出の一種と考えてよい。

オン・ザ・ロックなど、冷やして飲むのは香りを立たなくしてしまうため推奨されない。特に、上質のブランデーに氷を入れる行為は、味の分からない人と取られる可能性が高い。水割りは、アメリカでは一般的に行われるが(特に、酒の弱い女性などが水割りで飲む傾向があり、ウイスキーの水割りより、上品な飲み物とされる)、フランスを始めとするヨーロッパやロシアなどでは基本的に水で薄めて飲むと言う事が無いため、奇異に映るので注意が必要である。また、ソーダ割りで飲まれることもあるが、これはあくまで安物に限っての行為であり、これも注意が必要である(欧米、特にヨーロッパでは、ブランデーに限らず、上質の蒸留酒はストレートで、安物の蒸留酒はソーダ割り、もしくはカクテルに使うのが一般的である)。そのほか、ステーキなど、肉料理のフランベにも使われる。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2010年5月6日 (木) 11:43版(UTC)

 

 

メニュー一覧

ブランデーの歴史

種類

産地

等級

 

 

 

ワイナリー和泉屋のおすすめワイン!セラー・エスペルト

 

 

 

 

 

[POUSSE CAFE] HOME